咳エチケット 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

咳エチケット

インフルエンザの感染ルートで多くの割合を占めているのが、感染者の咳やくしゃみの飛沫を吸い込むことで感染する飛沫感染です。
咳やくしゃみなどをする際に、周囲へ飛沫が飛ばないように配慮することを、咳エチケットといいます。
咳エチケットは、インフルエンザの感染拡大を防ぐために、厚生労働省によって普及が始まりました。
咳エチケットの方法は以下となっています。
咳やくしゃみの飛沫は2m飛散することがわかっているため、周囲の人から1m以上離れます。
咳やくしゃみの際は、ティッシュやハンカチ、間に合わない場合は手で、口と鼻をおおいます。
咳やくしゃみの際に口と鼻をおさえたティッシュは、ただちに蓋つきのゴミ箱へ捨てます。
咳やくしゃみを手でおおった場合は、すぐに石鹸で丁寧に洗います。
また、咳エチケットの手っ取り早い方法は、マスクを着用することです。
マスクを着用することで、咳やくしゃみの飛沫の大部分を防ぐことができます。
しかし、空気中を漂うウイルスはマスクを通過するほど小さいため、全てのウイルスを遮断することは難しいとされています。
インフルエンザ対応のマスクなどでは、インフルエンザウイルスを全て遮断することができます。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.