濃厚接触者 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

濃厚接触者

新型インフルエンザについての濃厚接触者とは、新型インフルエンザ感染者と接触した、または近くにいたなどの理由で、新型インフルエンザウイルス感染の疑いがある人のことです。
新型インフルエンザ感染者の周囲2m以内で、感染者と話す、触れる、または立ち止まるだけでも濃厚接触者となります。
インフルエンザ感染ルートには、感染者の咳やくしゃみを吸い込むことによる飛沫感染が多くを占めています。
咳やくしゃみは、1〜2mしか飛ばないとされているため、感染者の2m以内が濃厚接触者の定義となっています。
濃厚接触者は、新型インフルエンザに感染している可能性が高いため、周囲への感染拡大を防ぐために、外出を控えたり、マスクをする必要があります。
新型インフルエンザ国内発生早期では、空港の検疫で新型インフルエンザの感染者が見つかった際に、感染者と同じ飛行機に乗り合わせた濃厚接触者を、空港近くのホテルなどに最大10日間隔離する措置が取られました。
インフルエンザの感染ルートには、飛沫感染のほかにも、咳やくしゃみの飛沫の水分が蒸発することで、ウイルスを含んだ小さい粒子が空気中を漂い、それを吸い込むことによって感染する空気感染や、感染者が触れたドアノブやスイッチ、蛇口などを他の人が触れ、さらに口や鼻などを触ることで感染する接触感染などもあります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.