感染の疑いから病院受診までの流れ 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

感染の疑いから病院受診までの流れ

自分や家族が38℃以上の発熱や呼吸器系の急性炎症などの症状があり、新型インフルエンザ感染の疑いがある場合、まず始めに発熱相談窓口に連絡をします。
発熱相談窓口では、現在の症状や海外渡航暦の有無などの簡単な質疑応答の後、新型インフルエンザ患者の受け入れが可能な医療機関を指定してくれます。
指定された医療機関を受診する前に、その医療機関に連絡をし、受付時間や入り口などの指示を受けます。
医療機関を受診する際は、マスクを着用し、周囲に感染させないように注意しましょう。
医療機関までの交通手段は、できるだけ公共交通機関を使用せず、自家用車などを使用します。
自家用車などの交通手段がない場合は、発熱相談窓口で相談するか、救急車を使用します。
医療機関で検査し、新型インフルエンザの感染が確認された場合、国内で大流行する以前であれば強制的に入院、大流行が起きて患者数に対応しきれなくなった時点で、病状が重い場合は入院、軽い場合は自宅療養となります。
新型インフルエンザ感染者の同居している家族などは、現在症状が出ていなくても感染している可能性が高いため、外出を自粛し、保健所などに毎日体調を報告する義務があります。
また、保健所などから、抗インフルエンザウイルス薬の配布を受けることもあるため、指示にしたがって行動しましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.