インフルエンザの進化 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

インフルエンザの進化

インフルエンザウイルスは、人間のほかにも、鳥や豚、犬、馬などにも感染します。
ウイルスの種類も、ヒトインフルエンザウイルス、鳥インフルエンザウイルス、豚インフルエンザウイルス、犬インフルエンザウイルス、馬インフルエンザウイルスと呼びわけられています。
このうち、もっとも高い毒性を持っているのは鳥インフルエンザウイルスの中の特定の種類、高病原性鳥インフルエンザウイルスです。
通常、鳥に感染する鳥インフルエンザウイルスは、人間には感染しません。
しかし豚は、豚インフルエンザウイルスと鳥インフルエンザウイルス、ヒトインフルエンザウイルスの3つに感染します。
鳥インフルエンザウイルスに感染した豚が、新たにヒトインフルエンザウイルスに感染し、その豚の体内で、鳥インフルエンザウイルスの遺伝子の一部と、ヒトインフルエンザウイルスの遺伝子の一部が置き換わる(交雑)すると、新型インフルエンザが生まれます。
豚インフルエンザウイルスと鳥インフルエンザウイルス、ヒトインフルエンザウイルスの3つの遺伝子が豚の体内で交雑する可能性もあります。
交雑して生まれた新型インフルエンザウイルスが、鳥インフルエンザウイルスの高病原性を受け継いでいた場合、世界的に感染が広まり、多数の死者が出る恐れがあります。
過去、大流行をもたらした新型インフルエンザの発生源の多くには、豚がかかわっているといわれています。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.