マスクの作り方 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

マスクの作り方

国内で新型インフルエンザの感染が急激に拡大した際に、マスクを買い集める消費者が続出したことから、市場に出回るマスクが品薄になる現象が起きました。
マスクが必要なのにマスクが手に入らない、または今マスクがしたいのに、買いに行くことができないときに、自分でマスクを作れたらどんなに便利でしょう。
ここでは、簡単に手に入る材料で、誰でも簡単に作れるマスクの作り方をいくつか紹介します。
一つめは、キッチンペーパーで作るマスクです。
材料は、キッチンペーパー、輪ゴム、ホッチキスです。
作り方は、まず、キッチンペーパーを8〜12等分くらいのじゃばら折りにします。
じゃばら折りとは、谷折りと山折りを交互に繰り返す折り方で、じゃばら折りにしたキッチンペーパーは、ハリセンのような状態になります。
じゃばら折りにしたキッチンペーパーを折りたたんだ状態で、両端に輪ゴムをホッチキスで留めて完成です。
キッチンペーパーが薄い場合は何枚か重ねたり、輪ゴムではなく、ズボンなどに使われている平ゴムを使用する、などして、自分の使いやすいようにアレンジを加えて作ってみましょう。
二つめは、ガーゼやハンカチで作るマスクです。
材料は、ガーゼとゴムひも2本です。
たて30cm×よこ40cm程度の大きさのガーゼまたはハンカチを、横に3つ折りにします。
次に、縦に3等分にして、3等分の折り線上に、ゴムひもを一本ずつ起き、ゴムひもをはさんだ状態で3つ折りにします。
ゴムひもをそれぞれ輪になるようにむすんで完成です。
布を3つ折り×3折りにするので、9枚構造のマスクになります。
以上紹介した2つの手作りマスクですが、使用するときには、マスクと顔の間に折りたたんだティッシュなどを挟んで使用すると、さらにフィルターの効果が増し、マスクの汚れも少なくなります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.