鳥インフルエンザ 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザとは、鳥類の感染症の一種で、A型インフルエンザウイルスが原因となって起こります。
鳥インフルエンザウイルスは、アヒルやカモ類などの水禽類(すいきんるい)を自然宿主として存在していて、鳥の糞を媒介として感染します。
鳥インフルエンザウイルスの中では、にわとり、うずら、七面鳥などの家禽類(かきんるい)に感染した場合、非常に高い病原性を示すタイプがあり、そのウイルスのことを高病原性鳥インフルエンザウイルスと呼びます。
この高病原性鳥インフルエンザウイルスが、ヒトインフルエンザウイルスと混じる、または自身で突然変異を引き起こすなどして、高病原性を保ったまま人から人に感染するウイルスに変化し、新型インフルエンザとして爆発的大流行(パンデミック)をもたらし、多数の死者を引き起こすことが懸念されています。
すでに近年、鳥から人へ感染する高病原性鳥インフルエンザウイルス(HPAI)の発現が確認されています。
高病原性鳥インフルエンザウイルスは、高い病原性が確認されていて、人に感染した場合、死亡する可能性が高くなります。
高病原性鳥インフルエンザウイルスは、まれに人への感染があることが確認されていますが、人から人への感染例は今のところ報告されていません。
また、農林水産省は、「鶏肉や鶏卵を食べることによって、人に感染したという事例の報告はない」と発表しています。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.