企業業務縮小 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

企業業務縮小

新型インフルエンザ(H1N1)の発生を受けて、国や県は、企業に対しても対応を呼びかけました。
新型インフルエンザが発生した場合、企業は、業務縮小などの対応を取って、感染拡大を防ぐ必要があります。
海外で新型インフルエンザ感染拡大、国内では感染者が未発生の時点では、感染者が確認されている国への出張を中止する、常駐社員を帰国させる、その国の会社を一定期間休業させるなどの対応が取られます。
国内で新型インフルエンザの感染者が発生した場合、社員や社員の家族に感染が拡大しないように、各企業において対応が取られます。
その対応とは各企業においてさまざまで、通勤ラッシュを避けて時間をずらして通勤させる、通勤に自家用車を使用させる、マスクを配布する、毎朝各社員と各家庭と感染状況について連絡を取り合う、出張や会議を中止する、社員食堂を一時閉鎖する、社内の消毒を行う、カメラつきパソコンを使用するなどして自宅勤務をさせるなどがあります。
電気やガス、食料品や日用品の販売会社などは、生活にかかせないライフラインにかかわっていることから、新型インフルエンザの発生を受けても、可能な限り業務を続けるように国から要請を受けています。
ライフラインにかかわる企業では、マスクやゴーグルを着用して、商品の販売や業務を行うなどの対応が取られます。
大企業においては、新型インフルエンザ対応マニュアルが作成されるなど、対応が行われていますが、中小企業などでは、新型インフルエンザへの対応が遅れているところもあり、早急な対応が必要となっています。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.