集会の中止 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

集会の中止

新型インフルエンザの感染拡大を阻止するために、人と人との接触する機会を、できるだけ減らさなければなりません。
各都道府県内において、新型インフルエンザの感染者が発生し、一斉休校措置などが行われた場合、地域の公民館や、集会所の閉鎖も同時に行われます。
公民館や集会所では、お年寄りたちの趣味の集まりや、主婦などによる子育てサロン、講演会や勉強会などが、毎日行われています。
お年寄りの方や子供は、通常の季節性インフルエンザと同様、新型インフルエンザにも感染しやすく、また肺炎や脳炎などの合併症を引き起こしやすいことがわかっているため、特に感染に注意しなければなりません。
その他にも、医療学会の中止や、政党集会の中止、宗教集会の中止、コンサートなどの興行中止、マスクを着用して握手を控えるなど制限を加えた選挙活動など、新型インフルエンザによる集会の制限は、多岐にわたっています。
それでもやむをえず、集会や集まりなどに参加する場合は、マスクを着用する、手洗いうがいを徹底する、アルコール消毒をする、公共交通機関を使用しないなど、自分自身を新型インフルエンザの感染から守ることが大切です。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.