糖尿病患者感染リスク 〜 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ

main_top_over_navi
main_top

糖尿病患者感染リスク

糖尿病は、代謝異常が原因で発症する病気で、免疫が低下し、ウイルスや細菌に感染しやすい状態となっています。
糖尿病患者が今回の新型インフルエンザ(H1N1)に感染した場合、早期に適切な治療を施さないと重症化する恐れが指摘されています。
また、糖尿病の方が新型インフルエンザに感染した場合、体内に入ったウイルスを撃退するために、血糖を上げる作用のあるホルモン(インスリン拮抗ホルモン)や炎症性サイトカインが増加、血糖値を下げる作用のあるインスリンというホルモンの分泌が低下し、血糖値が高くなることが指摘されています。
糖尿病の方が、38℃以上の発熱、食欲不振、下痢、嘔吐、体重の減少、眠気、呼吸困難、高血糖などの症状が見られる場合は、新型インフルエンザに感染している可能性があります。
また、インスリン注射を受けている方で、インフルエンザ感染による食欲不振で、食事の量が減ったからといって、自己判断でインスリン注射をやめると、ウイルス撃退作用によって血糖値が上昇する危険性があります。
糖尿病患者は、血糖値をコントロールする必要があり、高血糖が続くと危険な状態になる場合があります。
また、糖尿病以外でも、心臓、腎臓、呼吸器系などの慢性疾患を抱えている場合、健康な人よりも新型インフルエンザによる死亡率が高くなります。
慢性疾患を抱えている方は、新型インフルエンザに感染しないように予防することが大切です。
もし感染の疑いがある場合は、すぐに病院へ行き、抗インフルエンザウイルス薬の投与を受けましょう。


飲みやすい青汁
side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2016 新型インフルエンザ対策・予防・症状ナビ All Rights Reserved.